【画像で説明】楽天証券で株主優待をノーリスクで取る方法<クロス取引・つなぎ売り>

株主優待好きのサラリーマンJINです。
JINは一般信用取引を利用したクロス取引を使い、株価変動リスク0で株主優待をタダ取り(とは言っても手数料は掛かります)しています。

楽天証券で株主優待をタダ取り(一般信用でのクロス取引)する場合のコストは?

今回は楽天証券の画面で実際にどのように実施するのか、初心者の方でも分かるように説明していきます。

その前に”一般信用取引を利用し株価変動リスク0で株主優待をタダ取り”=クロス取引の仕組みを簡単に説明します。

株主優待は権利確定日に、その株を持っていれば取得できます。その1日だけ持っていればいいのです。

ただし、権利確定日の翌日には株価が下がることが一般的ですので、株主優待の価値を超える損失が出てしまっては意味がありません。

その株を買うのと同時に、買う値段と同じ価格でその株の売り(信用売り)も行うことで、株価変動のリスクを0にできます。

また、一般信用ではなく、制度信用でもクロス取引は可能ですが、逆日歩のリスクがあります。人気の株でこのリスクが発生します。
制度信用の場合、証券金融会社は不足する株式を機関投資家等から入札により借りて調達しますが、その入札で決っていした料率を逆日歩(品貸料)といいます。

優待の価値を上回る逆日歩が発生することもありますので、お勧めしません。筆者は怖くて制度信用でのクロス取引はやったことがありません)

では、実際の楽天証券の画面を使い説明していきます。
楽天証券の口座をお持ちの方は3.から読んでください。

1.楽天口座開設
まずは楽天証券の口座をお持ちでない方は、楽天証券の口座作成をしてください。

お小遣い稼ぎサイト「ハピタス」を経由すれば現金に交換できるポイントが獲得できますので、是非登録の上、利用してください。下記バナーをクリックしてください。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタスの登録方法はこちら

2.ハピタス経由で口座開設
ハピタスに登録後、ハピタスのトップ画面の検索窓に「楽天証券」と入力すると、「楽天証券」が表示されますので、「ポイントを貯める」をクリックし、口座開設手続きを進めてください。

なお、必ず「信用取引」口座も開設してください。信用取引ができないと、これから説明する”株価変動リスク0で株主優待をタダ取り”ができませんので、必須です。

もし、口座開設時に信用取引口座開設を忘れてしまった場合でも口座開設後に開設することもできますので安心してください。

3.一般信用売(14日)銘柄の検索
口座開設が完了したら、楽天証券にログインします。
トップ画面から「国内株式」ー「信用取引情報」ー「一般信用売立銘柄」ー「14日」の順にクリックすると、その月に決算期をむかえる銘柄が表示されます。

毎月12~16日あたりに当月の情報に更新されますのでお待ちください。
更新日に近くなったら、サイト内の「お知らせ・連絡」の「お得な情報」にいつ更新されるか掲示されますので、ご確認ください。

画面の売建可能数量を確認し、残があるものについては一般信用売り(14日)が利用できます。
14日の意味ですが、一般信用売りした銘柄を14日以内に返済(決済)しなければならないということです。

4.一般信用売りの実施 ※取引日の前日の夜または当日の取引開始前に要実施
上記画面の「優待情報」をクリックすると株主優待情報が確認できます。
株主優待を取得したい銘柄の売建可能数量を確認し、0でなければ取引できるので、左の「新規」をクリックすると下記画面が表示されます。

次のように入力します
売買:売建
引用区分(期限):一般(14日)
数量:株主優待の取得ができる数量を入力
※上記画面では売建可能数量が0なので、本来は取引できません。
価格:成行で執行する
執行条件:本日中
口座:特定
同時にセット注文(返済)を:予約しない

上記入力が完了したら取引暗証番号を入力し、「注文内容を確認する」をクリックして取引を進めてください。

5.現物取引買いの実施 ※取引日の前日の夜または当日の取引開始前に要実施
上記で一般信用売りの注文が完了したので、次に同じ銘柄の現物買い注文を入れます。
トップ画面から「国内株式」ー「注文」ー「現物取引」-「買い注文」をクリックし、銘柄名・銘柄コードの検索窓に上記4で信用売りした銘柄名を入力し「検索」をクリックします。

下記画面が表示されます。

次のように入力します。
数量:一般信用売りをしたのと同じ数量を入力
※必ず同じ数量を入力してください。違う数量だと株価変動のリスクが生じます。
価格:成行で執行する
執行条件:本日中
口座:特定
同時にセット注文(返済)を:予約しない

上記入力が完了したら取引暗証番号を入力し、「注文内容を確認する」をクリックして取引を進めてください。

これでクロス取引完了です。翌営業日に上記4と5の取引が成立します。
その後、権利付き最終日までまって、権利付き最終日の夜に「現渡し」注文を入れたら、権利落ち日である翌営業日に返済されますので、これでクロス取引の完了です。

6.現渡しの実施 ※権利落ち日の前日の夜に要実施
上記4,5で欲しい株主優待の銘柄の株の信用売りと現物買いを実施しましたが、権利落ち日には「現渡し」と呼ばれる取引方法で決済します。

※権利付き最終日と権利落ち日は下記サイトを参考にしてください。
権利確定日カレンダー

では、現渡の方法を画像で説明します。

権利付き最終日(=権利落ち日の前日)の夜に行います。

トップ画面から「国内株式」ー「注文」ー「信用取引」-「現引現渡注文」をクリックすると、上記4,5で実施した銘柄が表示されます。
(この記事の作成時点ではクロス取引を行っていなかったため、画像では「該当する情報はありません」と表示されています)

「現渡し」注文を選択し、各項目を入力します。執行条件は「本日中」を選択します。

翌日朝に取引され、これでクロス取引が完了です。

株主優待が届くのを楽しみに待ちましょう!!

楽天証券口座をまだ作っていない方は、お小遣い稼ぎサイト「ハピタス」経由で作れば現金に交換できるポイントをゲットできます。

ちなみにこの記事の作成時点でのポイントは200円分です。下記バナーから作成すると追加で30円分のポイントも獲得でき、計230円分のポイントが獲得できます。

ハピタスに登録していない方は下記バナーより登録してください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタスの登録方法はこちら

ランキングに参加しています。応援クリック頂けると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村

コメントを残す